連絡先

埼玉県入間郡越生町小杉547
電話:049-292-3215
FAX:049-292-3207

梅園小学校は越生梅林の西側にあり、自然豊かな環境に立地する学校です。

2023年1月27日金曜日

朗読朝会・小小交流会(けやき・わかば)・おへのひみつ(2年)・坂戸ろう学園との交流会(6年)


 今朝は朗読朝会でした。最初に3・4年生が今月の詩の暗唱で取組んでいる、「ほほう!」(工藤直子作)の発表をしました。続いて、今日の主役の2年生が「ゆめわかば」(二本松はじめ作)の詩の発表をしました。この「ゆめわかば」は絵本にもなったり、歌にもなったりしています。“ぼくらは生まれてよかったよ 産んでくれてありがとう”という言葉などがあり、冷えた体育館でしたがほんわか心が温まりました。

 また、2年生は5時間目に生活科で「おへそのひみつ」という授業をしました。

今朝の「ゆめわかば」ではないですが、自分たちがどのようにして産まれてきたのかについて考えました。おへそは何の名残かも知ることができました。最後にサプライズでお家の人からの手紙もあり、それを読んでいる時の真剣な表情が印象的でした。ご協力いただきありがとうございました。









 けやき・わかば学級が越生小へ行き、交流会をしてきました。主な活動内容は自己紹介、手話を交えた歌、魚釣りやボーリングゲームなどでした。これまでにも交流を通じて顔を合わせているので、打ち解けるのに時間は必要ありませんでした。また、いつもと異なるメンバーで一緒に活動できたので、笑顔溢れる交流会になりました。






 

 6年生が5時間目に、坂戸ろう学園の小学部6年生とリモート交流会をしました。予定では自己紹介、学校紹介、ゲームなどを企画しましたが、最初の学校紹介クイズが盛り上がり、前半部分の活動で時間がきてしまったので、卒業までに改めて時間を確保できたらと考えています。ちなみに身振り手振りや筆談などを活用したり、中には簡単な手話を理解している児童もいたりして、普通に交流を楽しんでいました。あっという間の45分間でした。





                【今日の単語・elaborate

They made elaborate preparations for the president's visit.

She is known for her elaborate costumes.


2023年1月26日木曜日

チャレンジ・今日の様子

 ここ数日の寒さは、先週までの寒さと少し違うようで、例えば、学校の前を流れる越辺川が朝方は凍っている様子があります。今朝も寒さに負けず、チャレンジタイムで長縄に取組みました。先週は休み明けで感覚を取り戻すのに苦労をしている様子もありましたが、本番1週間前ということで、各クラス、気持ちがかなり入っている様子を感じを受けました。その証拠に、記録を大幅に伸ばしたクラスもありました。来週2月2日の本番では練習の成果を発揮してほしいと思います。







 1年生は算数「大きい数」の学習の続きで、いよいよ3桁、100という数字が出てきました。これまでの生活経験で3桁や4桁、それ以上の数字も見たり、聞いたりしていると思いますが、ここではその仕組みについて学んでいます。

 2年生は音楽で前半は歌練習、後半は鍵盤ハーモニカの練習で童謡「なべ なべ そこ ぬけ」という曲に合わせて、自分で考えた音や教科書の音を奏でていました。




 

 3年生は国語「ありの行列」という説明的文章の学習で、段落の内容からプリントに要約をして、友だちと意見交換をしていました。この時期はアリの姿を見かけませんが、アリの観察ができる時期に学びたい単元の1つです。

 けやき・わかば学級は、学習発表会に向けた練習に取組んでいました。流れにそって順番に自分の得意なことを友だちの前で披露していました。





 

 4年生は外国語活動の学習、今日のキーセンテンスは「What place do you like?」で、

学校内で好きな場所を設定し、会話形式で質問をしたり、答えたりしていました。

 5年生は算数「割合」の学習の続きで、例えば「250円のフェルトペンが30%引きだった時の代金を求めていました。生活に身近な問題ということあり、スラスラと解答を導き出していました。

 6年生は外国語の授業、今日のキーセンテンスは「What is your best memory?」で、 

小学校時代の一番の思い出について考え、相手に伝えていました。





                【今日の単語・release

The examination results will be released today.

He is expected to be released from the hospital.



2023年1月25日水曜日

読み聞かせ(2年生)・5年生ひらたけ植菌作業体験


 今朝は2・5年生に読み聞かせが入りました。

 2年生では「ふじさんです」「いちにちどうぶつ」「こんもりくん」の3冊の話を聞きました。「ふじさんです」は富士山が主人公のユーモア溢れる内容、「いちにちどうぶつ」は色々な動物になってみることで、その動物の特徴を知ることができる内容でした。

 5年生では「100万回生きたねこ」「ちくわのわーさん」の2冊の話を聞きました。





予報にたがわずとても寒い中でしたが給食メニューの関係(きのこ関係の菌は納豆菌に負けてしまう傾向にあり、確認不足で今日はスタミナ納豆でした・・・)で、急遽、午後からの作業を午前に変更、5年生がひらたけの植菌体験作業をしました。朝から立川さん(学校運営協議会委員長、学校応援団コーディネータ―)、三羽さんの2人で、事前準備を進めていただき、エノキ(榎)の原木を長さ70~80cm、20個の切株にし、それをさらに4等分にしました。

5年生は3時間目から作業に入り、立川さんの指導の下で順番に作業を進めていきました。大きくは以下の4つの行程でした。

①最初にチェーンソーで原木を切るところを見る。

②タライに、ヒラタケの菌・おがくず・水を一定の割合で入れて、混ぜる。

③切株を自分で選び、できた菌を切株の断面に丁寧に塗る。

④黒いビニル袋で切株を覆う。

 全員が初めての体験で不安そうな様子、その上、寒さで手の感覚がなくなり気持ちも折れそうになりましたが、作業中は「ヒラタケが収穫できたらいいな」という期待は持てたようです。順調に行けば5月の連休前後に黒いビニル袋を外し、さらに順調に行けば10月下旬~11月にかけて収穫ができるかもしれません。ちょっとした環境の変化に影響を受けます。自然が相手の面もありますので思い通りにいかない可能性もありますが、今からとても楽しみです。

※最近は榎が手に入りにくくなっています。もし、榎に関する情報がありましたら、学校ま

 で連絡をいただければ幸いです。